配転の定義

配転とは、同一会社内における従業員の配置の転換であり、仕事の内容や勤務地が長期間にわたって変更されるものをいいます。勤務地だけの変更は転勤とも呼びます。会社は、一般的に従業員に対してこの配転を命じる権利があります。
就業規則の定めなど労働契約上の根拠があれば、会社は従業員に対し配転命令権を行使できます。

反対に、その行使が権利濫用に当たる場合は認められません。例えば、現地で働くことを前提で採用の労働者を、他の都道府県の支店への転勤を命じることはできないというものです。つまり、労働契約の内容から配転を命じることができない場合や、配転が人事権の濫用になる場合は、配転命令は法的に無効になります。

出向と転籍の定義

出向と転籍の違いは、給与がどちらの会社から出て、どちらの会社の指揮命令に従うのかという違いがあります。
出向とは、元の会社の従業員としての立場を維持しながら、他の会社でその指揮命令の下で就労することをいいます。出向に際しては従業員の同意が必要ですが、包括的な同意があり、個別に同意を得る必要はないと解釈できるケースもあります。なお、出向命令権の行使も濫用は許されていません。

一方、転籍とは、元の会社との労働契約関係が終了し、新たに他の会社との労働契約関係に入ることを指します。従業員の個別的な同意が必要なので、会社が一方的に転籍を命令することは認められていません。
労働契約の内容から出向を命じることができない場合や、出向が人事権の濫用になる場合はこの命令は違法になります。

不当な命令の解決方法

不当な配転命令・出向・転籍命令があった場合には、会社に対して配転命令・出向・転籍命令を撤回するように求めます。撤回の意思を示したことを後々の証拠として残すため、配達証明付内容証明郵便で会社に通知をした方がよいでしょう。その際には、なぜその配転命令・出向・転籍命令が無効であるのか、理由を詳細に記載するようにします。
そのような通知を送付し、会社と交渉したとしても会社が取り合ってくれない場合には、法的手段をとることができます。
配転命令・出向・転籍命令の違法・無効を求め、労働審判・民事訴訟などの法的措置をとることとなります。