不当な配転命令・出向・転籍命令があった場合には、会社に対して配転命令・出向・転籍命令を撤回するように求めます。撤回の意思を示したことを後々の証拠として残すため、配達証明付内容証明郵便で会社に通知をした方がよいでしょう。その際には、なぜその配転命令・出向・転籍命令が無効であるのか、理由を詳細に記載するようにします。
そのような通知を送付し、会社と交渉したとしても会社が取り合ってくれない場合には、法的手段をとることができます。
配転命令・出向・転籍命令の違法・無効を求め、労働審判・民事訴訟などの法的措置をとることとなります。