労働法とは

労働法には、労働基準法や労働組合法など、たくさんの法律があります。労働者と使用者の間に一定のルールを定めることで、それぞれの権利を守ることができます。そのルールを定めているのが労働法です。
労働問題を考えるうえで、お互いがそのルールを知っておく必要があります。労働法の基本的なものをみていきましょう。

労働基準法とは

労働法の代表的なものとして「労働基準法」という法律があります。これは労働に関する規則を定めています。この法律では、賃金、労働時間や休憩時間、休日や年次有給休暇、時間外労働や休日労働などの基準を定めています。
労働基準法の基準は、最低限の基準です。この法律に抵触する基準を会社側が定めても、その部分は無効になります。また、労働基準法違反は、懲役や罰則があります。

労働契約法とは

2008年に施行された、比較的新しい法律が「労働契約法」です。これは労働契約についての基本的なルールを定めています。最近の労働紛争の流れが、集団的な関係から個別労働関係へと変わってきていることを背景に、施行されたものです。
この法律では、労働者と使用者が対等の立場で同意することで、労働契約を締結したり、変更したりできるとしています。
労働基準法は教行法規なのに対して、労働契約法は任意法規のため、罰則などはありません。

労働組合法とは

労働者が自分たちの手で自分たちの権利を守るために作る団体のことを、労働組合といいます。職場環境の改善を会社に要求しても、労働者ひとりでは聞き入れてもらえないことでも、労働者が集団になることで、使用者と対等な立場で交渉できるようにしたものです。

労働組合法には、「労働三権」が保障されています。労働者が労働組合を結成する権利(団結権)、労働者が使用者と団体交渉する権利(団体交渉権)、労働者が要求実現のために団体で行動する権利(団体行動権(争議権))の3つです。この権利を具体的に保障するため、「労働組合法」が定められているのです。

労働関係調整法とは

労働組合と使用者がお互い譲らず、ストライキが起こると大変です。そのため「労働委員会」が設置されています。この労働員会は労働問題を解決するのを目的に設置されています。その労働委員会の活動内容が定められているのが、「労働関係調整法」です。
労働基準法と、労働組合法と、この労働関係調整法に3つを総称して「労働三法」とよんでいます。