日本の会社は、終身雇用制度・年功序列賃金など、諸外国にはない体質がありました。景気が悪くなり、これらの見直しを行われるようになると、リストラなどの問題が発生するようになりました。
最近では、若者の労働組合離れも進み、日本の労働組合運動は衰退してきています。